フラットコーテッドのななと MIXのそらとの日々
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 なそらん地方。待ち遠しかった雨あがりです。

 すっかり。すーーっかりとおのいていたブログ。
 にもかかわらず、のぞきに来てくださったみなさん。 ほんとうにありがとうございました。






 なんどか書きかけては、消してしまったブログです。
 1月末。父が緊急入院して
 4月末。さくらの花を追うように、父は逝きました。

 6年に及ぶ、闘いでした。
 1月末の時点で「大変危険な状態です」 と言われながら、
 最後の希望だったホスピスに移れたのが、2月のはじめ。
 それから2か月半。
 まるで、奇跡のように、父は私たちに時間をくれました。
 その3か月のあいだ。
 わたしは独り、そのほとんどを、故郷の父のそばで過ごしました。
 パパと家族。ななとそらに支えてもらったおかげで。


 静かな庭の木々に囲まれた、あたたかな ホスピスでの日々。
 雪の日も。 雨の日も。
 冷たい風がいつしか春の風になるまで。
 父は車いすで、その庭を家族と散策するのが、お気にいりでした。

 ゆき届いたケアと、おいしい食事と、大好物の甘いもの。
 十分に満足だった父の日々は、
 それでも、色々な思いの吹き荒れた、それは 色々なことがあった日々でした。
 でも、先生や看護師さんたち、みなさん明るく楽しく。
 時に、父と共に、なみだを流して話を聞いてくれる看護師さん達。
 なんだか、笑い声の絶えない日々でした。

 こんな日がずーっと続く。。。
 そう思えてしまうほどの日々。
 4月半ば。 
 ホスピスの庭には 老木のしだれざくらが満開になり、毛氈がひかれてお花見会でした。
 車いすの父は、この日、ここに来て初めて ちゃんと写真を撮りました。
 ほんの数枚でしたが、
 青々とした空に咲き誇る、さくらの写真。

 
 別れがせまったその日。
 家族が囲む父の部屋には いつものように、みんなの話し声が満ちていました。
 「楽しい声が聞こえると、(父が)安心するんですよ」と 看護師さんのおはなしでしたから。
 そして、
 夕方になると、これもまたいつものように、
 担当の看護師さんが、にこやかに退勤の挨拶に来られました。
 眠っているように見える父に いつものように触れながら、
 「〇〇さ~ん。今日はこれで帰ります。」

 いつもと違ったのは、
 最後に父に、笑顔でこう言ってくださったこと。
 「〇〇さん。 〇〇さんにお会いできて、ほんとうによかったです。」
 「〇〇さん。 またお会いしましょう!」
 
 その言葉に、堰を切ったかのように、わたしのほほを、ボロボロと涙がこぼれ落ちました。
 父の前では 一度も泣かなかったけれど、
 最初で最後に泣きました。

 そして、その最後の言葉を聞き届けたかのように、父は別れを告げました。


 
  
 
 まだまだ、わたしの中で消化しきれていない父との日々。
 やっと ここまで書けて、ひと段階が終わったのかもしれません。
 まだまだ残る、やり残した思い。
 これから 年月をかけて わたしの中でなにかの形になるでしょう。


 
 そして、長いような短いような、みなさんとのブログの日々。
 「ななとそらと」は、ここいらで、一旦おわりにしようと思います。
 ブログなかまのみなさんには、何度も励まされました。
 コメントがどんなにうれしかったか。
 ゆままさん。pakaママさん。こてつままさん。tennさん。REIKOさん。BUDDYさん。
 シエアンママさん。まるこママさん。コナンままさん。
 そして そして読んでくださったみなさん。
 ほんとうに ありがとうございました。
 みなさんとわんこずの幸せと健康を祈っています。
 そして、今つらい思いをされている たくさんの方々へ、思いをよせています。






 最後の一枚は 「さくら」。
001 - コピー
       5月末。
       病室で制作途中だった、父の写真集を、娘と完成させました。
       最期のこの「さくら」は表紙になりました。 
       わたしたちの宝物です。






 では、みなさん。
 ほんとうに、ありがとうございました。
 心から感謝!
 そして
     「また お会いしましょう!」

                     
                               なそらん。
                               元気なななと そらから。




               


 
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

【2011/06/28 15:49】 | 未分類
トラックバック(1) |

管理人のみ閲覧できます
-


管理人のみ閲覧できます
-


pakaママさんへ
なそらん
pakaママさん。

いつも楽しいコメント。ほんとうにありがとうございました。
写真集は、ほんとうに、かけがえのない贈り物です。もっと早くできたら・・・
思いはつきませんね。

なな、8歳になりました♪
今年も元気に泳いでいますよ♪
ほんとに、ななとそらにどれだけ元気をもらったことか。
ふたりに恩返ししますね(*^^)v
今まで ほんとうにありがとうございました。

BUDDYさんへ
なそらん
BUDDYさん。

あたたかいコメント いつも、ほんとうにありがとうございます。
わたしもBADDYさんとおなじく、かけがえのない
時間を父からもらったと思っています。
そして、私もいつか、精一杯やった。と思える日がくるといいなぁ と思います。
やさしい思いをありがとうございました。

バディちゃんと歳の近いなな。めでたく8歳をむかえました。
バディちゃんに負けずに、ガンガン泳いでいますよ♪
琵琶湖に行くことがあったら、きっときっと一緒に泳ぎたいですね。
バディちゃんもBADDYさんも、お元気で。
時々 ブログお邪魔させていただくかも♪です!



お疲れ様でした
pakaママ
美しい桜です。
お父様・ご家族の思いが詰まった写真集
本当に素敵な宝ものです。

ななさんの大好きなお水遊びのシーズンですもの。
ななさん そらさんから元気を一杯受け取って下さいね。
そして またカメラを持ちたくてウズウズしたら
ふたりの笑顔を見せて下さい。

お待ちしてますね。


BUDDY
長い間お休みをされていたので・・・

ブログを読んで
父の看病の日々と重なって涙が溢れてきました。
二ヶ月ほどの看病でしたが
今までにない 父との時間を過ごす事が出来ました。
あれも これもしてあげたかったと思いましたが
今はこれでよかったんだと思っています

お父様のご冥福を心よりお祈りしています。

ブログ・・・一旦おわりですか・・・
とても とても寂しいです
たぶん私と同じぐらいの年齢だろう なそらんさんのブログいつも楽しみにしていました。

またまた復活される事を祈っています。
必ずね!

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。